TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6) 2017年モデル

TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)BL

  • TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)BL
  • TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)BK

完璧なオールラウンダー

TREK(トレック)のEMONDA(エモンダ)シリーズは軽さをとことん追求したモデル。その軽さは他のモデルと比べても圧倒的です。
この『SL』シリーズはシリーズ中ミドルグレードに位置し、フレームはOCLV500カーボンを使用。軽量、高剛性、高強度なフレームはペダルを踏み込んだ際にかかるパワーをしっかり地面に伝えてくれます。剛性が高いだけではなく、OCLV500カーボンはしなやかさも併せ持っており、身体に来る負担を軽減してくれます。さらにトレックが誇る様々なテクノロジーをフル採用。シートマストキャップ、BB90とデュアルステー形状などを採用して上位モデルと同等のクオリティーを備える優等生ロードバイクです。

¥339,000(税込)

カラーMatte Dnister Black/Matte California Skye Blue
サイズ44,47,50,52,54,56,58,60
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, E2, BB90, internal cabl
フォークÉmonda full carbon, E2
ホイールBontrager Race Tubeless Ready
コンポShimano Ultefgra 11 speed
試乗車(サイズ52)あります。

車体の重量が軽いだけではなく乗り心地も抜群なのでヒルクライムはもちろんロングライドなどあらゆるシーンで活躍します!

スタッフ
松野

トレック Emonda SL6のここがすごいポイントをご紹介!

DOMANEユーザーのスタッフがEMONDA SL6をインプレ

普段トレックのドマーネを乗っている私ですが、ドマーネユーザーだからこそわかるエモンダの魅力に迫っていきたいと思います。ドマーネとはまた違ったテイストのエモンダはやっぱり軽かった!
ヒルクライムをメインにする方はもちろんロングライドなどオールラウンド使用することが多い方、またその軽くて優しい乗り心地はスポーツ自転車初めての方や女性にもおすすめしたいトレックのロードバイクです。

とにかくペダルを踏むのが軽い!気持ちいい!快適!

エモンダSL ドマーネ

EMONDA SL6(エモンダSL6)の一番の魅力はペダルの軽さです。
同じブランドのバイクでもテイストが変わるとこんなにもフィーリングが変わるかと驚いたポイントです。
車体重量が軽く、フレーム下部がスッキリしているせいか、とにかくペダルが軽い。本当に後ろから誰かに押されているかの印象です。
ドマーネと比較するとお尻周りやハンドル周りの快適性はやや劣りますが、カーボンフレームだけあってロングライドでも使用できる快適性は確保。
一番違うのはやはりペダルを踏んだ時のフィーリングです。通常ドマーネだとフレーム下部で力を逃さないよう強化されており、時にやや重く感じてしまうことがありましたが、エモンダにはそれがありません。フレーム下部はスッキリしており、ペダルがスイスイ回ってくれます。ドマーネはペダルを踏むとワンテンポためがあってからグイっと伸びて加速しますが、エモンダにはためというものがなくダイレクトに軽い力で伝わっていく印象です。

グイっと加速するBB90

BB90 エモンダSL

個人的にトレックのロードバイクを支えているテクノロジーと考えているのがこちらの「BB90」です。自転車の心臓部でもあるボトムブラケット。剛性を上げるためにボリュームを出すことでペダルを踏んだ時の横のたわみを最小限に抑え前に進む加速力を高めます。もちろんEMONDA SL6でも健在。
トレックのロードバイクに初めて乗ったとき、ペダルを踏んだ時の加速性、巡行性に驚いたことを今でも思い出します。フレーム乗り心地の良さがありながらもよく進むバイクというのがトレックのロードバイクの特徴ともいえると思います!

EMONDA SL6の気になる重量は?

エモンダSL 重量

軽さが魅力のエモンダシリーズ。気になるエモンダSL6の重量はなんとペダルなしで7.5㎏。完成車でこの重量は驚きです。片手でもててしまうほど。この軽さというのが登りで力を発揮します。ボントレガーのレースホイール(重量:前後約1720グラム)のホイールを通常装備しているともあって軽く仕上がってますが、さらに軽くて剛性があるホイールをはかせることでもっと登りは軽くなりますし、よく進むだろうなとついつい想像してしまいますね・・・
もはや車体重量6㎏代も夢ではありません!

サイズ展開豊富|TREK(トレック) EMONDA SL6 (エモンダ SL6)

エモンダSL サイズ展開 画像クリックでロードバイク購入の流れをご覧いただけます

ロードバイクを選ぶ上で一番大事といってもいいほど重要なのが「サイズ選び」です。
ロードバイクは数十キロから数百キロと長く乗る乗りものです。その中でサイズが合っていないと、身体に痛みが出てしまったり、操作性が悪かったり、効率的にパフォーマンスを引き出すことができません。なにしろ乗りにくいロードバイクは不快に感じることが多いでしょう。そこで購入前には必ず「フィッティング」という作業が必要になってきます。身長や股下などを参考にサドルの高さやはどれくらいになるのか?ハンドルの高さ、距離はどれくらいになるのか?など、個人の柔軟性や自転車の経験、運動経験などをカウンセリングしながら実際に自転車に乗っていただき計測していきます。

エモンダシリーズは特にサイズ展開が豊富です。
フレームサイズ44~60と8種類のサイズ展開が用意されており、身長にすると150㎝~190㎝近くの方まで対応が可能です。小柄な方も対応ができるということで、男性の方はもちろん、特に女性でも必ず身体にフィットします。
これもブランド力とでも言いますでしょうか。トレックだからできる豊富なサイズ展開です。

ディープリムをはかせると・・・BONTRAGER Aeolus5 Tubular(アイオロス5 チューブラー)

エモンダSL6 アイオロス5

ムムっ・・・かっこいい!
トレックEOMNDA SL6(エモンダSL6)とボントレガー性のアイオロス5の相性は見た目的にも性能的にもとてもいい。
マドンやドマーネのスピード域に負けてしまうエモンダですが、なんともそこをカバーしてくれる印象。
比較的ヘッド回りからBB、チェーンステーがスッキリ作られているためペダリングは軽く、登りではスイスイ進みます。平地ではさすがにマドンに負けますが、アイオロス5をはかせることによって35キロ前後のスピード域が維持しやすくなるという、オールラウンドで使用する際のメリットを最大限生かすことができると思います。
ちなみにボントレガー製のAeolus5 Tubular(アイオロス5 チューブラー)が前後で1238グラム。これでも十分ヒルクライムで通用するレベルです。
また、気になるこちらの重量は6.8キログラムです。コンポーネントを交換したり、カーボン製のパーツを使用したりなどアップグレードの伸びしろをまだまだ残しています。

取扱いの完組ホイールはこちら

TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)を徹底解剖!!

軽い!弾む!500シリーズOCLVカーボン採用

UltralightOCLV500シリーズカーボン

乗り心地や加速性、バイクの走りを決める最も大切な部分がそのフレーム。Emonda SL6(エモンダ SL6)に使用されているのはUltra light OCLV500シリーズカーボン。
TREKの誇るOCLVカーボンの中でも高グレードのこの素材は軽く、柔軟性に優れていながら剛性も高い、走りの軽さや乗り心地の良さを兼ね備えた素材です。OCLVカーボンはより高密度のカーボン素材であり、素材の中に発生する隙間は1パーセント未満に抑えることで軽量化と高剛性化を果たしています。
登りはスイスイ、平地で踏めばグイっと加速してくれるバイクの軽快さは、このカーボンフレームグレードならでは。

ヒルクライムとは?

ケーブル内装化|TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)

ケーブル内装化のEmonda SL

剛性と乗り心地を向上させるためにフレーム設計も更に追及されています。ペダリング効率と振動吸収性を両立するためにフレームの形状をを扁平にすることで、ペダルを漕いだ力はしっかりと伝えて加速力に変えつつも、路面からの振動は吸収して柔らかな乗り心地を維持できる構造になっています。
またこのグレードからはブレーキ、シフトケーブルがフレームに内装式されてスッキリとしたシルエットに。デザイン的にも美しいですし、空気抵抗の低減にも一役買っています!

快適性と軽量化を両立させたシートマスト採用

乗り心地を向上させるシートマストキャップ

EMONDA SLのフレームは快適性と軽量化を両立させたシートマスト採用。
トレック独自の構造ですが、通常のシートポストとは違いフレームにかぶせる形のキャップになっております。フレームにかぶさる面積が少なくなったことでフレームにしなりが生まれやすくなり快適性を高めています。
また、シートマストキャップ自体がカーボン素材な点に加えて、従来構造よりも重量が軽くなるためバイクの軽量化にも大きく関係しています。

その他にもトレック独自のテクノロジーが盛りだくさん。
3Sチェーンキーパーを装備し走行中のチェーン脱落を防ぎ、ハンドリング性能を向上させるE2ヘッドチューブでコントロール性UP、ワイド幅で剛性を更に高めパワーロスを少なくするBB90など、ハイエンドモデルと同様のシステムを多数採用することで、ハイエンドに負けないクオリティーを備えています。

シマノ ULTEGRA(アルテグラ)を採用|TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ SL6)

ドライブトレインにシマノULTEGRA(アルテグラ)を搭載

コンポーネントにはシマノの上位グレード、ULTEGRA(アルテグラ)を採用しています。
11速化されてより細かな変速が行えるようになっただけでなく、ホローグライドや4アームクランクなどの最新技術をDURA ACEから受け継いだセカンドグレードでコストパフォーマンスに優れています。
実際の変速性能も高く、より素早く確実な変速によりストレスフリーなライディングを実現します。
その他にも制動力の高いブレーキは非常に安心感があるので下り坂ではもちろんストップ&ゴーを繰り返すシチュエーションでも大活躍。
またレバー自体は引きが軽く細身で握り易い形状となっていたり握り幅を変えることのできるボルトがついていたりなど、手の小さい方、握力に自信がない方でもしっかりと握ることが出来ます。

スマートに取付!デュオトラップ|EMONDA SL6(エモンダ SL6)

ディオトラップセンサー エモンダSL6

通常のサイクルコンピューターのセンサーというと結束バンドでフレームの外に装着する形になるので振動でずれ落ちたりする可能性があったり、見た目がスッキリしないという問題がありましたがEMONDA SL6(エモンダSL6)にはサイクルコンピューターのセンサーがフレーム内部(チェーンステー)に埋め込みが可能となりこれらの問題をスッキリ解消!スマートに取付が可能になります。
ずれ落ちたりすることもなく、見た目もスッキリしています。センサーはANT+という通信方式を採用し、こちらに対応したコンピューターであれば対応可能です。ボントレガー製のものやガーミン社製のものでも対応可能です。
※デュオトラップセンサーは別売りです。

取扱いのサイクルコンピューターをチェック

TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダSL6)は2色展開

Matte Dnister Black

TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダSL6)BK

TREK(トレック)ロードバイクの大人気カラーMatte Dnister Black。
艶消しのブラックはシックでカッコいい!!シンプルに決めるならこちらのカラーがおすすめです。

Matte California Skye Blue

TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダSL6)Matte California Skye Blue

とにかく明るいカラーを!という方にはこちらのMatte California Skye Blue
さわやかなカラーリングならこちらがおすすめですね!

TREK(トレック)EMONDA(エモンダ)シリーズのラインナップを比較

2017年モデルTREK(トレック)EMONDA S5(エモンダS5)

TREK(トレック)EMONDA S5(エモンダS5) 画像クリックでエモンダS5をチェック

TREK(トレック)emonda S5(エモンダS5)はOCLV300シリーズのカーボンを採用し、コンポーネントは全て11速化されたシマノ105が搭載された注目のモデル。
非常に乗り心地が良く、車体重量も軽いのでロングライドはもちろん、ヒルクライムでも抜群の威力を発揮します。
ホイールをアップグレードすることで車体のグレードアップの伸びしろを期待できる仕上がり。

2017年モデルTREK(トレック)EMONDA SL5(エモンダSL5)

TREK(トレック)EMONDA SL5(エモンダSL5) 画像クリックでエモンダSL5をチェック

今モデル大注目のロードバイク、EMONDA(エモンダ)。トレック史上かつてない軽量ロードバイクシリーズです。
なかでもエモンダSLシリーズはOCLV500カーボンを使用し、軽量でありながらも高い剛性を併せ持ちます。
エモンダSL5は今年11速化を果たしたシマノの105コンポーネントを搭載し、操作性も申し分ありません。EMONDA SL5(エモンダSL5)は30万円以下で本格的な走りを手に入れられるバイクプラスおすすめのロードバイクです!
カラーリングはレッドとシルバーの二色展開。

TREK(トレック)EMONDA SL6(エモンダ )を動画でチェック!

最新ブログ

エモンダS プロジェクトワン

お知らせ

2017/02/12

世界に一台しかないEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売!!

バイクプラス港北店の試乗車モデルEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売します。世界に一台しかないモデルですのでご興味がある方はお早めに!

爽やかなブルーが魅了します!

スタッフ
松野

高校大学入学祝いで人気のトレックバイクのサムネイル画像

お知らせ

2017/02/10

おすすめスポーツ自転車ベスト5!|高校・大学入学祝いで選ばれるトレック

最近問い合わせを多くいただく高校・大学入学祝いで人気のスポーツ自転車をロードバイク・クロスバイク・MTBなどを一挙ご紹介!

伊豆大島、自転車でサイクリング

2017/02/01

輪行サイクリング

輪行サイクリング|ロードバイクで伊豆大島を一周!!【大島一周編】

後編の大島一周編をお送りします。起伏の多いコースをヒーヒー言いながら楽しんできました!

いろんな観光スポットを回ってきました!

スタッフ

ウェア セール 2017

2017/01/30

お知らせ

秋冬のウェアーがただいま最大40%オフです!!

まだまだ寒い冬は続きます。温かいウェアー・グローブを身にまといロングライドやポタリングを楽しんじゃいましょう!

トレックセガフレードジャージのサムネイル画像

2017/01/23

お知らせ

trek-segafredo(トレック・セガフレード)チームウェア注文受付中です!

新たにsportfulがウェアーにスポンサーになりTrek Segafredo(トレック・セガフレード)のチームジャージが予約受付中です!!他のアイテムもこれからの季節に向けて入荷予定です!

赤を基調としたデザインがカッコいい!

スタッフ

関連リンク

ヒルクライムに挑戦!

ヒルクライムに挑戦!

軽量なロードバイクは特に登坂でその威力を発揮。ヒルクライムは達成感が格別なのでレースイベントは数千人規模。ヒルクライムは大人気です!

ロングライドに挑戦!

ロングライドに挑戦!

ロードバイクはフレームの設計やハンドルの形状などが長時間快適に運動ができるように作られています。慣れは必要ですがロングライドはどなたでも楽しめるサイクリングです!

フィッティングとは?

フィッティングとは?

車種選びやサイズ選びの次に大事なのがフィッティングという行程。正しいサイズ選びの基準や解剖学に基づいたフィッティングの理論など、専門的な知識と経験が必要です。

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK 2017年モデル続々入荷中!
  • トレック2016年モデルSALE開催!
  • トレック ドマーネ slr誕生

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る