TREK(トレック)1.2 2色展開

TREK(トレック) 1.2 2017年モデル Matte Trek Black

  • TREK(トレック) 1.2 2017年モデル Matte Trek Black
  • TREK(トレック) 1.2 2017年モデル California Skye Blue

通勤通学からロングツーリングまでこれ一台!TREK1.2

TREKのエントリーロ—ドバイクがついにモデルチェンジ。2017年モデルが登場しました。幅広い楽しみ方ができる1.2。タフなフレームを採用していることなどから、通勤通学はもちろん、街乗り、荷台を取り付けてロングツーリングなど大活躍のロードバイクです。
2017年モデルからコンポーネントがモデルチェンジを果たし、シマノ製の新型「SORA」になりました。前モデルに比べブレーキやシフトのレバータッチが軽くなっているのが特徴です。こうした少しの動作の差でも長時間のライディングでは負担の軽減につながります。
カラーリングはステルスカラーのマットブラックと明るめのブルーの2色展開になっています。スポーツバイクの中ではどちらも人気のあるカラーで、オプションパーツの組み合わせでも印象が変わってきます。ウェアなどとも合わせたイメージをして選ぶのもアリですね。

¥118,000(税込)

カラーMatte Trek Black/California Skye Blue
サイズ47,50,52,54,56,58cm
フレーム100Series Alpha Aluminum
フォークTrek Carbon Road
ホイールAlloy hub, Bontrager Approved alloy rims
コンポShimano Sora,9Speed

シマノ「SORA」がモデルチェンジを果たし、レバータッチが軽くなりました!

スタッフ
松野

トレックのロードバイクでもっと楽しく!

港北店おススメのエントリーロード1.2

トレックのロードバイクでもっと楽しく!

2017年モデルのTREK1.2はデザインはもちろんパーツもモデルチェンジを果たした港北店スタッフイチオシのエントリーロードバイクです!
私個人的なイチオシポイントはコンポーネントのモデルチェンジです。シマノ製「SORA」が今年モデルチェンジを果たし、上位グレードに負けず劣らずの性能と高級感を出しています。
従来のモデルはシフトケーブが外に出ていましたがバーテープに内蔵されハンドル周りがスッキリ。カラーリングもブラックを採用したことで全体の高級感もあります。
今モデルよりクランクがシマノ製で統一されたことでボトムブラケット部分の剛性もアップ!加速性にも貢献。ブレーキレバーは握りやすく、タッチの引きも軽くなった印象で操作性バツグンです。
エントリーグレードのロードバイクですが楽しみ方が非常に幅広く、休日のロングライドはもちろん、キャリヤを取り付けて数日の旅行目的や通勤通学でも大活躍します!

サイズ選びが重要です!

サイズ選びが重要です! 画像クリックでロードバイク購入の流れをご覧いただけます

ロードバイクを選ぶ上で一番大事といってもいいほど重要なのが「サイズ選び」です。 ロードバイクは数十キロから数百キロと長く乗る乗りものです。その中でサイズが合っていないと、身体に痛みが出てしまったり、操作性が悪かったり、効率的にパフォーマンスを引き出すことができません。なにしろ乗りにくいロードバイクは不快に感じることが多いでしょう。そこで購入前には必ず「フィッティング」という作業が必要になってきます。身長や股下などを参考にサドルの高さやはどれくらいになるのか?ハンドルの高さ、距離はどれくらいになるのか?など、個人の柔軟性や自転車の経験、運動経験などをカウンセリングしながら実際に自転車に乗っていただき計測していきます。 1シリーズはサイズ展開が豊富です。 フレームサイズ47~58と6種類のサイズ展開が用意されており、身長にすると150㎝~190㎝近くの方まで対応が可能です。小柄な方も対応ができるということで、男性の方はもちろん、特に女性でも必ず身体にフィットします。 これもブランド力とでも言いますでしょうか。トレックだからできる豊富なサイズ展開です。

2017年モデルTREK1.2のここがすごいポイントをご紹介!

エアロ形状・軽量が自慢のフレームを採用

エアロ形状・軽量が自慢のフレームを採用

TREK(トレック)1.2は最高峰ロードバイクMADONE(マドン)に使われているKVFテクノロジーを取り入れたエアロ形状になっているため、重量も軽く、スピードに乗った時のエアロ効果も発揮します。スポーツ自転車にとって重要な部分はやはりフレームです。フレームは素材や形状、重量や剛性のバランスが大切です。自転車は左右交互に漕いで進むものですが、硬いアルミの自転車でも漕ぐことで左右にたわみます。軽いだけでなく、剛性が高いことでたわみが少なく漕いだ力を推進力に変える力が大きくなったりと大きな役割を担っています。レース用バイクを作ってきたTREK(トレック)が長年培ってきたからこそできる乗りやすく運動効率の良いフレーム設計になっています。また、ジオメトリーといってフレームサイズによる設計も比較的、前傾がきつ過ぎない形になっています。

メインコンポは新型SORA

定評のあるシマノパーツを使用・メインコンポはSORA

今年モデルチェンジを果たしたシマノの新型SORA。上位グレードに負けず劣らずの高級感。ケーブルもバーテープに内蔵されスッキリとしたシルエット。
変速段数は前側2段、後ろ側9段と変わらずですが、シフトチェンジやブレーキがより操作しやすくなりました!
以前まではレバーの引いたり押し込んだりという動作がやや重い印象でしたがニューモデルは押し引きがとっても軽い!手の小さな方や握力にちょっと自信がない方でもしっかり握れる形状へと進化を遂げました。
日本が世界に誇るメーカーシマノ製なので、故障したとき等アフターパーツも手に入りやすく、長くロードバイクを楽しむ上でメンテナンスは欠かせないので安心です。

カーボンフォークで快適性アップ

1.2はカーボンフォーク

TREK(トレック)1.2は前輪を支えているフロントフォークにカーボン素材を使用しています。
重量が軽くなるだけではなく、手に伝わる振動を大幅に軽減してくれます。細く空気圧の高いタイヤを使用しているロードバイクにとってこのフロントフォークがカーボン素材を使用していることで振動を減退させ、快適性がアップします。
ちなみにタイヤの太さは25Cを採用。エアボリュームも加わることで更なる振動吸収性と安定感、転がり性能を高めています!
また、ロードバイクにとってホイールを変えることで車体を変えたかのように走りの性能が変わります。TREK(1.2)はポテンシャルの高いロードバイクになっているので将来的にホイールなどをアップグレードするなど伸びしろが秘められています!

長時間のサイクリングも快適に!

長時間のサイクリングも快適に!

ロードバイク乗る方から良く聞く悩みで多いのはお尻の痛みではないでしょうか。個人差が大きくデリケートな悩みではあります。TREK(トレック)1.2についているサドルはボントレガー製のパラダイムシリーズ。人間工学に基づいて開発されていて、中央部分の窪みが尿道への圧迫を減らすようにつくられています。
しかし、お尻の痛みはサドルの相性だけではありません。むしろ、サドルを見直すのは最終手段だったりします。
まずは適正サイズのフレームと個人に合ったフィッティングやパッドがついたサイクリングウェアなどが実はすごく重要になります。

2017年モデルTREK(トレック)1.2のカラーをチェック

カルフォルニアスカイブルー

カルフォルニアスカイブルー

爽やかに決めたい!という方はこちらのカルフォルニアスカイブルーがおすすめです。

マットトレックブラック

マットトレックブラック

人気のある艶消しのブラックになります。今モデルからTREKロゴも大きくなりカッコよくなりました!

同じ価格帯のおすすめロードバイクをチェック

TREK(トレック)EMONDA ALR4(エモンダ ALR4)

TREK(トレック)EMONDA ALR4(エモンダ ALR4) 画像クリックでエモンダALR4をチェックできます!

TREK(トレック)emonda ALR4(エモンダALR4)は、今までのアルミロードバイクよりもより軽量な300シリーズAlphaアルミニウムとカーボンフロントフォークにより軽快感と高い走破性を実現。コンポーネントは新型のshimano Tiagraを採用。ブレーキの安定感やシフトチェンジの正確さがパワーアップいています。ホイール等のパーツアップグレード次第では非常に伸びしろを期待できるロードバイクです。
最初の一台でも長く乗れるロードバイクがほしい、そんな方におすすめのロードバイクです。

EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)の詳細はこちら

最新ブログ

エモンダS プロジェクトワン

お知らせ

2017/02/12

世界に一台しかないEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売!!

バイクプラス港北店の試乗車モデルEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売します。世界に一台しかないモデルですのでご興味がある方はお早めに!

爽やかなブルーが魅了します!

スタッフ
松野

高校大学入学祝いで人気のトレックバイクのサムネイル画像

お知らせ

2017/02/10

おすすめスポーツ自転車ベスト5!|高校・大学入学祝いで選ばれるトレック

最近問い合わせを多くいただく高校・大学入学祝いで人気のスポーツ自転車をロードバイク・クロスバイク・MTBなどを一挙ご紹介!

伊豆大島、自転車でサイクリング

2017/02/01

輪行サイクリング

輪行サイクリング|ロードバイクで伊豆大島を一周!!【大島一周編】

後編の大島一周編をお送りします。起伏の多いコースをヒーヒー言いながら楽しんできました!

いろんな観光スポットを回ってきました!

スタッフ

ウェア セール 2017

2017/01/30

お知らせ

秋冬のウェアーがただいま最大40%オフです!!

まだまだ寒い冬は続きます。温かいウェアー・グローブを身にまといロングライドやポタリングを楽しんじゃいましょう!

トレックセガフレードジャージのサムネイル画像

2017/01/23

お知らせ

trek-segafredo(トレック・セガフレード)チームウェア注文受付中です!

新たにsportfulがウェアーにスポンサーになりTrek Segafredo(トレック・セガフレード)のチームジャージが予約受付中です!!他のアイテムもこれからの季節に向けて入荷予定です!

赤を基調としたデザインがカッコいい!

スタッフ

関連リンク

フィッティングについてもっと詳しく

フィッティングについてもっと詳しく

車種選びやサイズ選びの次に大事なのがフィッティングという行程。正しいサイズ選びの基準や解剖学に基づいたフィッティングの理論など、専門的な知識と経験が必要です。

ロングライドに挑戦!

ロングライドに挑戦!

ロードバイクはフレームの設計やハンドルの形状などが長時間快適に運動ができるように作られています。慣れは必要ですがロングライドはどなたでも楽しめるサイクリングです!

輪行を楽しもう

輪行を楽しもう

自転車で自宅を出発して1日で移動できる距離は限られますが、列車を使えば一気に行動範囲は広がります。輪行サイクリングいかがですか?

おすすめロードバイク一覧

おすすめロードバイク一覧

BIKEPLUS横浜港北ニュータウン店で取り扱っているロードバイクのラインナップ一覧です。 試乗もできますのでお気軽にお声がけください。

ヒルクライムにチャレンジ!

ヒルクライムにチャレンジ!

軽量なロードバイクは特に登坂でその威力を発揮。 ヒルクライムは達成感が格別なのでレースイベントは数千人規模。ヒルクライムは大人気です!

自転車購入の流れ

自転車購入の流れ

初めての自転車選び、後悔のないようにしたいですね。 バイクププラスではこのような流れの中で揃えたい自転車グッズの優先順位や特徴などもじっくりとご案内します。

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る