マウンテンバイク

マウンテンバイク(MTB)

初心者必見!MTBの魅力

とても走れるとは思えない場所でもマウンテンバイクならば走破できる。時には転んだりパンクしたりとトラブルもあるがそれを含めて楽しい。MTBはまさに遊ぶための自転車です。

タフな走破性が半端じゃない!

登山道などの未舗装路やジープロードを走行できるタフな走破性はたまらない

マウンテンバイクで岩のトレイルを走破

その名の通り野山を駆け巡る遊びのために生まれた自転車です。それだけに、未舗装路や登山道などの悪路を走行するのに一番適しています。マウンテンバイクの魅力は「物凄い走破性」につきるのではないでしょうか。山道を走る場合は、トレッキングを楽しむ方々に迷惑にならないようあくまでも歩行者優先で楽しみましょう。
舗装路でのスピード効率こそロードバイクやクロスバイクに劣りますが、歩道の段差や石畳、あぜ道など身近なところのちょっとした悪路の走行も抜群に楽しめます。ドロだらけになった自転車や自分自身に喜びを感じてしまうなんて事もあるほどです。

レースやイベントで泥んこに!

マウンテンバイクレースの様子 本格的にMTBを楽しんでいる方はこんなにたくさん!それだけ楽しいものなんです。

レースやイベントはもちろん、もっと気軽に楽しみたいという方にはゲレンデダウンヒルやトレイルツアーがおすすめ。山を走るといっても私有地だったり、登山をしている人がいたりどこでも勝手に走れるわけではありません。でも、ツアーに参加すれば、コースとしてしっかり整備されている環境で楽しめ、またガイドの方はMTBのベテラン。ライドテクニックを習得につながり一石二鳥。また、ロングライドイベントなどでもMTBで参加される方がいたりなどマルチに楽しめます。

MTBでトレイルライドを楽しもう!

MTBの特徴

マウンテンバイクといっても種類は様々です。走り方、場所によって選ぶ車種が変わってきます。どんな特徴があるのかご紹介します。

マウンテンバイクに欠かせないのがサスペンション!

サスペンションは欠かせないアイテム。 走るのも困難な場所での走行にはサスペンションは無くてはならないアイテムです。

ハンドル操作もブレーキ操作も、タイヤが地面に接しているからこそ可能で、自転車を常に自分のコントロール下におくためにはタイヤを地面に接地させておかなければなりません。荒れた路面で暴れるバイクをコントロールするためにはサスペンションが必要不可欠なのです。サスペンションはただ衝撃を吸収させるだけのものではなく、伸びることで地面への接地をいち早く行いコントロールしやすくしてくれるものでもあります。 しっかりしたサスペンションが搭載されたモデルを選ぶことが大切です。

フロントサスペンション

MTB フロントサスペンション マウンテンバイクには必ずついているもの。しっかりしたサスペンション搭載モデルを選びたい。

上位モデルと入門モデルとの大きな違いにフロントサスペンションの機能差があります。
上位モデルでは空気の量でサスペンションの沈み込む量をコントロールでき、車体重量も軽くなります。
また、コンプレッションやリバウンドなどサスペンションが沈み込む時や戻る時のスピードなどが調整でき、登りや細かい段差が続く道、大きな段差がある道など状況に合わせて細かく設定出来ます。
本格的にMTBを楽しむのであればより多くの機能が付いたものを選択する必要があります。

フルサスペンションモデル

マウンテンバイク フルサスペンションモデル オフロードでバイクをコントロールするには欠かせない。セッティングしだいで走りが大きく変わってきます。

MTBにはフロントのみにサスペンションがあるハードテイルというタイプと、リアにも付いてるフルサスペンションモデルの2タイプあります。
ハードテイルは比較的平らな道であれば、車体の軽さ等のメリットからスピードにすぐれますが、トレイルコースの様にガレ場や段差が続くような道ではリアホイールが路面から離れてしまいコントロールできなくなることも。
一方、フルサスペンションタイプはどんな状況でもリアホイールが地面をしっかりとらえていられるのでバイクコントロールがしやすくなります。
価格が高くなったり、フロントサス同様調整が必要で手間にはなりますが、初心者でも得られるメリットは高くなります。

ホイールサイズは29インチか650Bか?

29er(ツーナイナー)

TREKマウンテンバイク|29インチホイールのメリット もはやスタンダートになった29インチホイール。走破性・安定感は抜群!

アメリカ発の29インチMTBは今や世界中のレースシーンでも中心となりもはや定番になっています。 ホイールが大きくなる事で慣性が働きやすくなるのでスピードの乗りも良く、岩や木など段差があっても楽に乗り越えられます。 また、タイヤ自体も太く大きくなるので、グリップも向上し、また乗り心地も良くなります。 29インチホイールの一番のメリットはやはりスピード。クロスカントリーレースや街中などでスピードをとにかく重視するならば間違いなく29erをおすすめします。

27.5インチ(650b)

MTBのホイールサイズ650bのメリット 26インチのコントロール性をそのままに、走破性をアップした650b。今や29erに迫る人気で、各メーカーでライナップされています。

今、話題沸騰なのが新しいホイールサイズ650b。多くのレースで活躍しトレックをはじめ多くのメーカーで採用されはじめています。 26インチより一回り大きいサイズで、29erには劣るものの大径化したことにより速さや走破性は向上。そして29erが苦手とする機敏さやハンドリング性能は650bが上回っています。バイクを操る楽しさが欲しい方にはおすすめのホイールサイズです。

ディスクブレーキ

TREKマウンテンバイク ディスクブレーキの制動力 荒れた道でしっかりスピードをコントロールするのにディスクブレーキが最も優れます。

少ない力で強力な制動力を生むディスクブレーキなら悪路でも比較的疲れずにスピードのコントロールができるようになります。長時間悪路を走っていてもしっかりとハンドルを握ることができ正確なハンドリングか可能になります。最近ではほとんどのモデルでディスクブレーキが採用されています。入門モデルではワイヤー引きのメカニカルディスクブレーキですが、本格的にトレイルなどを楽しむのであれば高い制動力をえられる油圧ディスクブレーキを選択したいところです。

マウンテンバイクのおすすめフィールド情報

富士見パノラマ

富士見パノラマスキー場MTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

毎年GW直前から11月3日の文化の日まで、MTB専用コースがゲレンデ内に登場します。初心者向けから本格ダウンヒルコースまで多彩なコースで楽しめます。

ふじてんリゾート

ふじてんリゾートMTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

都心より90分。標高1300メートル、真夏でも涼しく、快適な富士山麓にひろがる、美しいロケーションが魅力でコースもバラエティーに富んだ設定です。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

東京湾ロードバイクで200kmロングライドページのサムネイル画像

ロングライド・ヒルクライム

2017/01/17

ロングライド|ロードバイクで東京湾一周200kmに挑戦!

天気の良かった元旦、初日の出ライドもかねて東京湾を一周♪ロードバイクで200kmロングライドにチャレンジしてみました。

久しぶりのロングライド、天気にも恵まれてなんとか走り切る事ができました♪初日の出は何度見ても清々しい気持ちになりますよね。

スタッフ
森田卓行

伊豆大島、自転車でサイクリング

輪行サイクリング

2017/01/08

輪行サイクリング|ロードバイクで伊豆大島を一周!!【輪行編】

先日、伊豆大島へと行ってきました!船を利用して輪行。起伏の多いコースも完全制覇してきました。もちろん恒例の食べ物もあります!

船を利用しての輪行は初めてでしたが、伊豆大島は船輪行の方に優しい♪

スタッフ

 「SHUT UP LEGS」XXX Roadシューズ

2016/12/25

お知らせ

【在庫残りわずか!!】「SHUT UP LEGS」XXX Roadシューズ 限定モデル

イェンス・フォイクトをモチーフにした限定モデル「Shut Up Legs コレクション」のXXX Roadシューズが入荷。光輝くシューズはより一層足元を引き立たせてくれます。在庫残りわずかですのでお早めに!

2017年末年始営業日

2016/12/17

お知らせ

年末年始の営業日のお知らせ

バイクプラス港北N.T.店の年末年始の営業日のご案内です。年内は12/27まで。新春は1/6から営業致します。皆様のご来店を心よりお待ちしております!

相模湖 紅葉

2016/12/05

ロングライド・ヒルクライム

ロードバイクで相模湖へ!紅葉&ヒルクライム&食の充実ライド

先日、相模湖の紅葉を見に行ってきました!様々な木々の色がまじりあう様は絶景です。もちろん食もあり♪

紅葉&ヒルクライム&食と充実したライドになりました!

スタッフ
松野佑哉

2017年モデル続々登場。おすすめはこれだ!

TREK(トレック)DOMANE S5

¥249,000(税込)

TREK(トレック)Domane S5 Trek Black/Dnister Black

今モデルから搭載コンポーネントがすべて「105」に統一されました!ブレーキ、変速性能が格段にアップ。

スタッフ
松野

TREK(トレック)1.2 2色展開

¥118,000(税込)

TREK(トレック) 1.2 2017年モデル Matte Trek Black

シマノ「SORA」がモデルチェンジを果たし、レバータッチが軽くなりました!

スタッフ
松野

関連リンク

取り扱いマウンテンバイク一覧へGO!

取り扱いマウンテンバイク一覧へ

バイクプラス港北N.T.店で扱っているマウンテンバイクの一覧へGO!

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK 2017年モデル続々入荷中!
  • トレック2016年モデルSALE開催!
  • トレック ドマーネ slr誕生

ページの先頭へ戻る