クロスバイク

クロスバイク

クロスバイクの魅力

「クロスバイク」は、「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特長を兼ね備えた自転車です。マウンテンバイクほどハードなオフロードは走らないが、ロードバイクのように舗装道路しか走らないわけではないという方にぴったりな、幅広い使用目的で使いこなせるオールマイティーなスポーツ自転車です。

気軽さ・とっつきやすさも魅力です。初めてのスポーツ自転車としてもオススメです

カジュアルな服装でも楽しめるのがクロスバイク

クロスバイクは価格帯がやや専門性の高いロードやマウンテンほど高額ではないため、最も気軽に始められるスポーツ自転車と言えます。10km前後の距離の自転車通勤ではクロスバイクを使用している方が非常に多く、スポーツ自転車初心者の方に近年とても人気があります。普段着感覚でカジュアルに使うことができます。

クロスバイクはとても軽快!

クロスバイクで軽快に走行している様子

気軽な感覚で乗れるけれど、クロスバイクはひと漕ぎするとその軽さとスピード感の大きな違いにきっと気付くはず。クロスバイクは想像以上に軽快です。近くのショッピングモールで過ごす休日(ポタリング)、駅や会社・学校までの毎日の道のりを、車や電車からクロスバイクに乗り換えるだけ(自転車通勤)で、今まで感じることができなかった充実感やすがすがしい空気を感じることができます。

クロスバイクは競技志向の自転車ではないので使い勝手の良さがあります。

クロスバイクで近郊をサイクリングしているイメージ

街乗り的な使い方から、日帰りのサイクリング、キャリアを装着して数泊分の荷物を積載してのロングツーリングなど、幅広い楽しみ方が可能です。普段は自転車通勤、休日にはデイパックにランチを入れて少し離れた公園や土手、海岸までサイクリング、年に数回のまとまった休みには電車などを使った輪行ツーリングというのもいいですね。

クロスバイクの特徴

フラットハンドルが標準装備

ブレーキも握りやすくて変速レバーも操作しやすい。バイクコントロールも思いのまま。

クロスバイクはフラットハンドルが標準装備

クロスバイクを選ぶ際にポイントとなる特徴の「ハンドル」。一直線のハンドルはなじみの深い形状です。ハンドルの幅が少し広いので安定したハンドル操作が可能です。一般的なハンドル形状なので不慣れなこともなく安心して操作できます。人通りや車の多い市街地で抜群の操作性を発揮します。

アップライトな姿勢で乗車できるから気楽。顔が自然に前に向くので視界が広く安全です。

クロスバイクはアップライトな乗車姿勢

クロスバイクは人通りや車の多い市街地でも視界が広く取れるのでより安全に走行できます。郊外やサイクリングロードで景色を楽しみながら走行するのにも適しています。親しみやすい乗車姿勢もクロスバイクの特徴です。

クロスバイクのタイヤは細すぎない安心感のある太さ。

クロスバイクのタイヤの太さ

少し太めのタイヤは抜群の乗り心地と安定感があり、ちょっとした荒れた路面も安心して走行できます。歩道の段差などを越える時も適度なクッション性があり快適な走行が可能です。スピードや軽さを重視した細みのタイヤに交換することもできるタイプも多いので走行感においても1台でいろいろ楽しめます。

クロスバイクおすすめ乗り方

自転車通勤で満員電車よさようなら!

自転車通勤のイメージ

自転車通勤と電車通勤で実は所要時間があまり変わらない方が多くいます。そんな方はぜひ、週1日や気候の良い時期だけでも自転車通勤を取り入れてみてはいかがでしょう?
運動不足解消やダイエットを目指している方にもオススメの愉しみ方です。自転車通勤なら、朝晩の通勤電車のラッシュから解放されるだけでなく、満員電車よりもはるかに気持ちよく爽快で、仕事や日々のリフレッシュにもなります。ちょっと早く出て途中のカフェで一息というのもオススメです。きっと気持ちのいい1日が始まるはず。

週末の午前中に軽くポタリング。景色を堪能できます。

クロスバイクでサイクリングは気持ち良い

身近な河川敷サイクリングロードや郊外をクロスバイクでポタリング。たまの休日にはコレがオススメ。自転車を停めて河原に座って一休みするのもいいですね。そしてクロスバイクはアップライトな姿勢なので景色を楽しみながら走行できます。変わる景色、暖かな日差し、爽やかな風を感じながらのサイクリングは「ココロ」も「カラダ」もリフレッシュすること間違いなし!

週末のちょっとしたお出掛けをクルマからクロスバイクへ乗り換えてみる。

ちょっとしたお出かけをクルマからクロスバイクへ乗り換えてみよう

SNSなどを使っているとローカルで話題の飲食店などの情報がカンタンに手に入ります。その情報をもとに、週末にクロスバイクでランチに出かけたりするのも楽しいものです。たまには車からクロスバイクに乗り換えて出掛けてみませんか?きっと気持ちのいい一日を過ごせるはずです。

初心者必見!クロスバイクの選び方

予算、価格帯で決める

コストパフォーマンスに優れていて最初の1台に最適!10万円以下のクロスバイク

10万円以下のクロスバイク

自転車がほしいけれどいつもとは違うものがいい、クロスバイクってどんなものか興味がある、でもコストはなるべく抑えたいという初心者の方にお勧めです。
スポーツバイクと聞くとタイヤが細くて乗りにくそうと思われるかもしれませんが、この価格帯のクロスバイクはタイヤも太めで安定感があり、普段と同じような感覚で乗れるのにグイグイ進んでいく爽快感を味わえます。
スタンドや泥除け、荷台などを取り付ければ通勤通学やツーリングなども可能です。使い方などから必要なパーツも含めて車体価格を決めていきましょう。

ロードバイク並みの走りを体感できる!10万円以上のクロスバイク

10万円以上のクロスバイク

持ち上げてみると車体の軽さにびっくりするはずです。10万円以下のクロスバイクに比べて車体はさらに軽く、タイヤは細く、変速もより高速域で使えるものが装備されていたりする為スピード性能に優れています。フレームの素材はアルミやカーボンなど価格によって様々ですが、車体が軽い分だけスピードも出しやすく、クロスバイクでサイクリングをメインに楽しみたいという方にはもってこいのバイクです。ハンドルはフラットハンドルですのでリラックスした体勢でロードバイクのような走り心地を体感できます。ロングライドにぴったりのクロスバイクです。

一口にクロスバイクといっても細部の違いで乗り味は変わります

車体が軽く、乗り心地がいいカーボンフォーク

カーボンフォークのクロスバイク

クロスバイクのフレームはアルミを使用していることが多いです。しかしフレームと前輪をつなぐフォークと呼ばれる部分はカーボン素材という車種も増えてきています。カーボンを使用することで車体が軽くなることがひとつと、素材の特性として振動吸収に優れるので身体に伝わるダメージを軽減してくれます。長時間のサイクリングにはカーボンフォークがついた車体がおすすめです。

段差越えが楽になるサスペンション付きフォーク

サスペンションフォーク付きのクロスバイク

クッションが内蔵されていて衝撃を緩和するフォークがサスペンションフォーク。それに対して通常のフォークはリジットフォークと呼ばれます。 サスペンションフォークは通常マウンテンバイクなどについていることが多いのですが、クロスバイクでも搭載しているモデルがあります。
メリットとしては段差を越えたり、未舗装のガタガタ道を走る際にサスペンションが衝撃を吸収してくれるため安定感はもちろん乗り心地がいいのが特徴です。難なく障害を越える力はリジットフォークにはないもので、機敏な操作感か衝撃の少ない操作感かは走る場所などにもよって変わってきます。何を優先するかを想像して選びましょう。

雨の日も走るならディスクブレーキ搭載モデルもアリ

ディスクブレーキ搭載のクロスバイク

写真のようにディスクローターと呼ばれる円盤状の金属が車輪についているモデルがあります。 ディスクブレーキは車やオートバイなどのブレーキにも使用されています。 ディスクブレーキの特徴は天候や路面状況に左右されず制動力が変わりにくい点です。天候問わず毎日通勤に使うという方には最適です。ワイヤー式と油圧式があり、整備のしやすさや制動力の高さなどそれぞれで異なる性能を持っています。 性能ももちろんですが、車体の見た目がかっこいいという理由で選ぶ方も多いです。

最高に軽いクロスバイクを探しているならカーボンフレーム

カーボンフレーム

アルミフレームにはないカーボンフレーム独特の振動吸収のよさが特徴です。ハンドル部分がフラットハンドルというだけで、スピード感も漕ぎ出しの軽さもさながらロードバイクのよう。 車体もとにかく軽く、ロードバイクに引けをとりません。とにかく軽い車体がいいけれど、ドロップハンドルの前傾姿勢はちょっと…という方には最適な車体といえます。モデルによってはパーツ構成もロードバイクと同じグレードを使用しているため、後々ドロップハンドルに変えてロードバイク化ということも可能です。ただし、キックスタンドの取付はカーボンフレームの特性上難しいので、アクセサリー取付けの際には注意が必要です。

グリップ部分の形や素材も乗り心地に影響する

手の平とお尻と足の裏、身体のうちこの3つが走っているときに自転車に接している部分です。舗装されていても自転車で走ってみると意外とボコボコしていて手やお尻には振動が伝わってきます。路面から自転車を経由して身体へと伝わる振動や衝撃をいかに抑えるかが、クロスバイクで長時間走る際には重要です。 グリップ部分の形と素材は握り心地のいいものになっているか、サドルは幅があってクッション性があるか、自転車と接するパーツも要チェックです。たとえばトレックのクロスバイクの場合だと振動吸収のゴムがハンドルに内蔵されているモデルもあります。

タイヤの太さの違いで乗心地とスピード感が変わる

タイヤの太さは、軽快さや乗り心地に影響します。 一般的に太いほうが空気がたくさん入っているためクッション性が高く乗り心地はよく、路面の凹凸を気にせず走ることができます。また溝などがついているものであれば水はけもよくすべりにくいといえるでしょう。 一方でタイヤは細くなると、漕ぎ出しの軽さや軽快感が格段にアップします。クッション性は落ちるので乗り心地はかたくなりますが、漕ぎ出しの軽さやスピード感を求めるには細いタイヤが向いています。 ただし細くなるからといってパンクのリスクが増えるということはありません。空気圧を適正に保つことがパンクを防ぐことにつながります。

自分の体にあったサイズのクロスバイクを選びましょう

お店で実際に試乗してサイズフィッティングを行います

サドルの高さを調整している様子

クロスバイクのフレームにはサイズがあります。車輪の大きさやついているパーツの大きさは基本的に同じなのですが、フレームにはサイズがあり大きさが違います。小柄な方でも乗れる小さいサイズがラインナップされた女性専用設計の車体もあります。
車種選びももちろん大事ですがサイズ選びまでしっかりと行わないと、せっかく始めたクロスバイクも思う存分楽しめません。たとえばフレームが大きすぎるといざ降りようと思ったときに足がつかなかったり、ハンドルが遠くて乗りにくかったり…。逆に小さすぎても、窮屈で力がかけにくかったりもします。 購入の際には身長や股下からサドルの高さとフレームのサイズを決めること、さらに実際に車体にまたがってハンドルまでの距離等も問題ないかを確認することが大切です。 フレームサイズ選びの大切さについてはフレームサイズの選び方で詳しくご紹介しています。
 

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

エモンダS プロジェクトワン

お知らせ

2017/02/12

世界に一台しかないEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売!!

バイクプラス港北店の試乗車モデルEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売します。世界に一台しかないモデルですのでご興味がある方はお早めに!

爽やかなブルーが魅了します!

スタッフ
松野

高校大学入学祝いで人気のトレックバイクのサムネイル画像

お知らせ

2017/02/10

おすすめスポーツ自転車ベスト5!|高校・大学入学祝いで選ばれるトレック

最近問い合わせを多くいただく高校・大学入学祝いで人気のスポーツ自転車をロードバイク・クロスバイク・MTBなどを一挙ご紹介!

伊豆大島、自転車でサイクリング

2017/02/01

輪行サイクリング

輪行サイクリング|ロードバイクで伊豆大島を一周!!【大島一周編】

後編の大島一周編をお送りします。起伏の多いコースをヒーヒー言いながら楽しんできました!

いろんな観光スポットを回ってきました!

スタッフ

ウェア セール 2017

2017/01/30

お知らせ

秋冬のウェアーがただいま最大40%オフです!!

まだまだ寒い冬は続きます。温かいウェアー・グローブを身にまといロングライドやポタリングを楽しんじゃいましょう!

トレックセガフレードジャージのサムネイル画像

2017/01/23

お知らせ

trek-segafredo(トレック・セガフレード)チームウェア注文受付中です!

新たにsportfulがウェアーにスポンサーになりTrek Segafredo(トレック・セガフレード)のチームジャージが予約受付中です!!他のアイテムもこれからの季節に向けて入荷予定です!

赤を基調としたデザインがカッコいい!

スタッフ

2017年モデル続々登場。おすすめはこれだ!

TREK(トレック)DOMANE S5

¥249,000(税込)

TREK(トレック)Domane S5 Trek Black/Dnister Black

今モデルから搭載コンポーネントがすべて「105」に統一されました!ブレーキ、変速性能が格段にアップ。

スタッフ
松野

TREK(トレック)1.2 2色展開

¥118,000(税込)

TREK(トレック) 1.2 2017年モデル Matte Trek Black

シマノ「SORA」がモデルチェンジを果たし、レバータッチが軽くなりました!

スタッフ
松野

関連リンク

取り扱いクロスバイク一覧へGO!

取り扱いクロスバイク一覧へ

バイクプラス港北N.T.店で扱っているクロスバイクの一覧へGO!

ポタリング(自転車散歩)

ポタリング(自転車散歩)

ポタリングにはクロスバイクがぴったり!天気のよい休日に街乗り以上スポーツ未満な感覚で気ままに自転車を走らせてみませんか?きっと気持ちの良い1日になるハズ!

自転車通勤

自転車通勤

短めの自転車通勤ならクロスバイクがおすすめ。日々の運動で基礎代謝が上がれば体調管理もしやすく、無理なくダイエットやメタボ対策などが可能です。

ページの先頭へ戻る